GESSO Aroma Fragrance

GESSO とは「月叟(げっそう)」と書きます。

戦国時代、関ヶ原の戦い後に真田幸村が、高野山のふもとの「九度山」に蟄居(ちっきょ)していたころ、頭を丸めて僧侶のような恰好をしていたと言います。

その時幸村が名乗っていた名前が「伝心月叟(でんしんげっそう)」 

彼は後に、大阪夏の陣で生命を散らすことになりますが、この九度山でどんな思いを持っていたのでしょう?

戦の天才とうたわれた彼の心は、静かな夜に月を見上げながら、誰かに思いを伝えたかったのでしょうか・・・

誰・・・というより「何」に心を馳せていたのでしょうか?

それとも、悠久の夜を照らし続ける老齢な月の心を、自分の心と重ね合わせていたのかもしれません。 

切なくて、寂しくて、もどかしくて 未来に花を咲かせて散りゆくことを夢見ながら・・・・・・・ 

GESSOの香りは、そんな刹那の花の香りなのかもしれません。



切なさに震える心を抱きしめるAROMA Fragrance

REQUIEMシリーズのSuigetsu-水月-エッセンシャルブレンドをフレグランスにして、「いつでもどこでも」必要な時にアロマの力を得られるように、ロールオン・フレグランスタイプにしました。

切なくて

心が痛み

寂しさに震えている

それでも笑顔でいないと・・・

心は乱れて息苦しいほど胸がキュッと締め付けられるようで・・・

そんなときにGESSOの香りを纏(まと)って、胸いっぱい香りを吸い込んで、呼気と共に切なさを吐き出してください。 

乱れて波打つ心を静めるBLUE REQUIEM Suigetsu(水月)の香りが、湖面を吹き渡る涼風のように、熱を冷まして心の痛みを和らげてくれるでしょう。 



Re:Quiem Aroma Series

Re:Quiem(レクイエム)とは「安息を・・・」という意味の言葉です そして、アロマエッセンシャルオイルブレンドです ただ単に リラックスするだけのアロマブレンドではなく 心の奥深くにある想いや感情に手を差しのべるような 魂にまで届くアロマブレンド そんなものを創りたいという想いから生まれたのがRe:Quiem(レクイエム)です。

0コメント

  • 1000 / 1000